演題募集要項Abstracts

演題募集期間

  • 演題登録は1月31日で演題締め切りになりました。

演題募集区分

下記の演題区分によって演題を募集いたします。演題の採否および最終的な演題区分、発表形式は会長に御一任ください。

【 シンポジウム 】

  • 1)グリオーマの病理と分子解析
  • 2)小児脳腫瘍の病理と分子解析
  • 3)神経系腫瘍の病理と分子解析
  • 4)脳腫瘍の新規治療と病理

【 一般演題 】

  • 1)グリオーマ
  • 2)髄膜腫
  • 3)下垂体腺腫
  • 4)神経鞘腫
  • 5)悪性リンパ腫
  • 6)小児脳腫瘍
  • 7)神経系腫瘍
  • 8)転移性脳腫瘍
  • 9)遺伝子診断
  • 10)腫瘍マーカー
  • 11)診断困難例
  • 12)その他

【臨床病理検討会】

脳腫瘍の病理診断に関し、診断困難例、稀少例、非典型例などを募集します。
プレパラート提出要領につきましては、下記をご参照下さい。

臨床病理検討会ご登録ご希望の場合

臨床病理検討会につきましては、登録直後に学会事務局あて(〒761-0793 香川県木田郡三木町池戸1750-1 香川大学医学部 脳神経外科)に、HEプレパラートを1枚お送りください。
抄録およびHE標本より採否判定を行います。採択となりました演題につきましては、後日、指定討論者2名への標本送付(HE1枚,免疫染色用未染10枚)をご依頼させていただきます。なお学会開催前に、HE標本をvirtual slideで会員に開示することをご了解の上、ご応募下さい。


発表形式

  • ・口演(PCプレゼンテーションのみ)
  • ・ポスター(展示および標本供覧)
  • ・臨床病理検討会(PCプレゼンテーション、展示および標本供覧)

募集概要

演題登録は1月31日で演題締め切りになりました。

・タイトルは和文全角文字で50字以内・英文半角で30ワード以内、演者は10名以内、施設は5施設以内、抄録文字数は全角文字で700文字以内です。この字数を越えると登録できませんのでご注意下さい。

・共著者として、診断を担当された病理医を入れてください。

・オンライン登録の受領確認は電子メールのみで行います。ご応募の際に必ず電子メールアドレスを入力して下さい。

・演題の採否結果については、電子メールでご連絡致します。

・オンライン登録はUMIN(大学医療情報ネットワーク)事務局の全面的な支援のもとに運営されています。


注意事項

・演題登録は締切ました。

・受領通知について:受領通知は電子メールで行います。演題ご応募後1週間以上たっても受領通知が届かない場合は事務局までお問い合せ下さい。

・採否通知について:応募演題の採否通知は電子メールにて行います。(2015年3月下旬予定)


 

利益相反(COI)の申告と開示のお願い

日本脳神経外科学会関連学会である本学会は、日本脳神経外科学会におけるCOI指針に準拠する形でCOI情報を報告・提示する必要があると考えております。COIに関する指針作成の詳細は下記リンクからご確認下さい。

 

応募資格

学会での発表は日本脳腫瘍病理学会会員に限ります。演者で未入会の方は、大会当日までに本部事務局にて入会の手続きをおとり下さい。

      
  • 【登録先:日本脳腫瘍病理学会事務局】
    〒466-8550 名古屋市昭和区鶴舞町65
    名古屋大学大学院 医学研究科 脳神経外科内
    TEL:052-744-2355  FAX:052-744-2361
    E-mail:maedak@med.nagoya-u.ac.jp

このページのTOPへ